ORTHO

芦屋市三条南町の 関本矯正歯科の矯正治療について

 

矯正治療開始時期の目安

3歳児検診や小学校の検診で歯並びを指摘されて不安になっていらっしゃる方が多くいらっしゃいますが、矯正治療の開始時期にはある程度目安があります。同じ歯並びの人は存在しないため、最適な治療開始時期も人によって異なります。ただ、小さなお子さんの場合でも6歳〜8歳の間に一度「矯正相談(カウンセリング)」をご利用いただければ最適な治療開始時期の判断は可能です。矯正歯科で相談し、ある程度「目安」となる時期や現状の説明を覚えれおかれることをお勧め致します。成人の方の場合は開始の時期は問いません。

ortho_01.jpg

関本矯正歯科の矯正治療について

矯正治療では乳歯の残っている時期に開始する「こどもの矯正治療」と永久歯萌出後から開始する「成人矯正治療」の2つがあります。「こどもの矯正治療」を行う際に治療段階別に便宜上「1期治療」と「2期治療」と呼びます。この2つの治療行程を併せて「こどもの矯正治療」の事とお考えください。「1期治療」では「2期治療」で歯を並べていくために必要な土台を整える作業をお考え下さい。「1期治療」で顎の土台部分の幅を整えたり、不要な癖を改善していくことで治療を行います。以下で1期・成人の装置を簡単にご説明させていただきます。

「1期治療」について

「こどもの矯正治療」の「1期治療」の段階では、患児さんは歯磨きが得意ではありません。矯正治療を始める時は保護者の方も患児さんも不安なものです。そういったストレスを軽減する目的もあり、当院では「1期治療」の装置は可撤式(取り外せる)装置(下記写真)を第一選択としております。取り外しが可能な為、通常の歯ブラシで問題ありません(患児さんの歯並びの状態によっては固定式の装置を使用する場合もあります)。永久歯が全て萌出して土台の調整も完了すると、1期治療は終了となります。ご不明な点があれば「矯正相談(カウンセリング)」でお気軽にお訪ねください。

ortho_02.jpg


2期治療・成人矯正治療

2期治療・成人矯正治療の場合は緊密な咬合へ誘導する際にマルチブラケット装置(下右側)もしくはマウスピース型(カスタムメイド)矯正装置(薬機法対象外 下左側)と呼ばれる装置を使用して歯並びを改善していきます。マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置(薬機法対象外)は取り外し可能で周りから気付かれにくい装置として最近ではかなり普及しています。傍目からは装置をつけている事が判りにくい為、芸能人でも上記装置で治療しながら活動している方がいらっしゃいます。ただ、治療に際して装置を20〜22時間装着する必要があり、装置装着中は糖分の入った飲料摂取ができません。またご希望されても咬合状態によっては通常のブラケット治療(写真左)との併用になる場合もありますので、まずはカウンセリングでご相談ください。

1.jpg

マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置 インビザラインについての補足説明
上記装置の素材部分は日本の薬事で承認されており、口の中に入れて使用することに全く問題はありませんが、現時点では厚生労働省の薬事承認を得ているものではない為、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。最近では様々な種類の装置が存在しますが、当院で使用している「インビザライン」はアメリカのアラインテクノロジー社の製品となり、当院で設計を行ったものをアメリカで製品化し矯正医の管理下で患者さんのお手元に届くといったシステムになっております。当院で上記装置を使用して治療を行う際には再度 ご説明させていただきますのでご要望のある方は気軽にお声掛けください。

矯正治療の費用について

小学生から治療を開始すると通院期間は必ず長くなります。その際に、患者さん方が不安に感じることのないように当院ではトータルフィー制となっております。実際には検査・診断後に確定致しますが、以下の表をご参考にしていただければ幸いです。

7.jpg

※1期治療終了時に2期治療へ移行する際には差額が必要となります。
※上記表記は全て税抜き価格となっております。

よくある質問

悪い歯並びのまま放置するとどうなりますか?
歯並びが悪いままでも直ぐに病気になったり、命に関わることはありません。ただ、歯並びが悪いとどうしても磨き残しが生じてしまい、虫歯や歯肉炎にかかりやすくなってしまいます。また不正咬合はある特定の歯にのみ力がかかっている場合が多く、結果的に年齢を重ねていくと歯周病になるリスクも高くなります。

矯正治療は痛いですか?
歯が移動する際には痛みが生じます。痛みには個人差がありますが、大人の方は乳歯が抜けかける頃のむず痒い感覚が少し強めに出ると想像してみてください。装置を新しく装着したり、針金を交換した後から3〜4日ほど違和感や痛みが生じます。主に食事の際に痛みを感じ、1日中痛いという訳ではありません。また、大人と違い子供の矯正治療では使用する装置も異なりますので、痛みを強く感じている方は少ないです。いずれの矯正治療にせよ痛みは3〜4日で無くなりますので心配は要りません。

どんな装置がありますか?
矯正装置にはいくつか種類があります。一般的に認知度の高い装置は歯の表面に貼り付けるタイプの装置です。その他に、歯の裏に装着する装置や透明のトレータイプ(マウスピース型)の装置などがあり、これらは他人に気付かれずに矯正治療が行えます。ただ、すべての症例に適応できるわけてはなく、特にマウスピース型矯正装置は、抜歯が必要な場合など、その方の歯並びによっては適用できないことがありますので一度ご相談ください。また、マウスピース型矯正装置は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。(装置装着20〜22時間を行えない場合は治療が進まない可能性があるため、治療をお受けでき兼ねる場合がございます)

矯正治療を始めるとブラッシングが難しくなりませんか?
歯の表面に貼り付けるタイプの装置を使用した場合、ブラッシングは少し難しくなります。その際はなるべく簡単に磨ける方法をお伝え致しますのでご安心ください。矯正治療を円滑に進めていく上で患者さんご本人やご家族の協力はとても大切です。装置の使用時間・使用方法を守ること、口の中の衛生管理などは協力なくして成り立ちません。矯正治療中は虫歯になりやすい環境となりますので、毎食後の歯磨きは必ず必要になります。また虫歯になった場合も直ぐに治療に行くなど一緒に口腔内環境の改善を行なっていきましょう。

保険は使えますか?
当院は指定自立支援医療機関ではございません。手術を要する矯正治療や口唇口蓋裂の治療は保険治療の対象となるのですが、当院での保険診療は出来ません。保険診療の対象の方でご希望の方は指定自立支援医療機関へご紹介させていただきますのでお気軽にお申し出ください。

矯正治療は医療控除の対象となりますか?
矯正治療は医療行為ですので、確定申告時に医療控除の対象となります。医療控除の申請には領収書に加えて診断書を必要とすることもありますので、ご入り用の際はお申し出ください。

抜歯をせずに矯正治療を行いたいのですが、可能ですか?
矯正を開始する前にまず検査を行います。その際に検査の資料をもとに抜歯をせずに機能的な咬合へ誘導できるかを検討します。しかし、歯牙が非常に大きかったり、歯が並ぶべき土台の部分が非常に小さい場合などは、歯を抜かずに治療する事が困難な場合があります。顎の大きさと歯がバランスの良い状態で配列する事で、矯正治療後に長期的に安定した状態となります。抜歯する事で生じた空隙は歯を移動させる事で閉鎖し、正しくバランスのとれた歯並びとなると歯磨きがしやすく、将来の歯周病へのリスクを軽減させる事ができますので、歯の健康寿命を延ばすこととなります。

矯正治療の期間はどれくらいですか?
歯並びは人によって違いますが、成人の矯正治療の場合は歯に実際装置を装着してから平均1年半から3年半程度です。こどもの矯正治療の場合は平均2〜3年とお考えください。ただ、治療期間中にブラッシング不足によって虫歯になったり、定期的な通院(4週間から6週間ごとの来院)をしていただけない場合は治療が長引くこととなります。

矯正治療にリスクはありますか?
矯正治療には歯根吸収や歯肉退縮のリスクがあります。矯正治療を専門に行う歯科医師は、歯を動かす際に歯肉退縮や歯根吸収のリスクを軽減できるよう、力のかけ方や向きを考えながら治療をしていきます。歯根吸収はどの矯正治療方法でも生じる可能性がありますし、歯肉退縮に関しても強いブラッシングや歯周炎によっても起こりうる可能性がある現象です。矯正治療にもリスクはありますが、口腔内ケアが簡略化でき、審美的にも良好となり笑顔に自信が持てる等のメリットも多々あります。リスクに関しては重要なことですので、カウンセリング等をご利用いただき遠慮なくおたずねください。また当院では診断時にリスク説明を必ず行なっておりますのでご安心下さい。

治療後にまた歯並びが悪くなったりしますか?
矯正装置を終了し、綺麗な歯並びになったら貼り付けていた矯正装置をはずします。しかし、装置を外してそのまま放置してしまうと「後もどり」と言って、少しずつ元の悪い歯並びに戻ろうとします。「後もどり」を防ぐために、矯正治療後に歯並びが安定するまでの間「リテーナー(保定装置)」と呼ばれる取りはずせる「現状維持のための装置」を装着していただきます。最初の1年は1日中、2年目は夜間のみの使用となります。食事中や歯磨きをする時は外していただきます。

治療途中で転院することは可能ですか?
当院での矯正治療の際は、事前に転居予定の有無を必ず確認させていただいております。転居予定が1〜2年後に控えていらっしゃる方に関しては、申し訳ないのですが当院では矯正をお勧めしておりません。なぜなら転院の際に時間や費用が嵩んだり、治療方針が異なる事で矯正治療に不信感を与えてしまう可能性があるからです。矯正治療にはほとんどの場合2〜4年の期間は必要となります。ただ、進学の関係や突然の転勤等で当医院への通院が難しくなった際は、転居先でも継続して治療を受けられる矯正専門医院に関して相談させていただき、未治療分の治療費は当医院の規定に従ってご返金させていただきます。